一人旅に行きませんか

マンネリを打破するために

私たちの脳は毎日同じことの繰り返しになってしまうと機械的に処理してしまうようになるため、正確に短時間で処理することができるようになる半面、新しいことに興味を持てなくなり、慢性的なストレスを感じたりするようになります。

時々は未体験のことに挑戦してみることがマンネリの打破ですが、同じことの繰り返しになってしまうと新しいことにチャレンジする気分になりにくいものです。

毎月1度は週末を旅行に充ててみて、行ったことのない場所へ行ってみることが脳の活性化にもつながりますし、ストレス解消にもつながります。特に目的がなくても行先を決めていなくても思い立ったら電車やバス、車で移動してみるのもおすすめです。

行ってみたい場所を検索してみる

旅行に行きたいけれどスケジュール的にとても無理という時もありますよね。

そんな時におすすめなのが検索して旅行した気分になってみることです。

目から入ってくるイメージは脳に強く印象付けることになりますので、見たことのない美しい景色や行ってみたい場所の建築物などを見ているだけでも気分転換になるのです。実際に旅行にいくことを想定して、格安チケットを探してみたり、宿泊先を探してみるだけでも旅行した気分に近い感覚になります。いけないからあきらめるのではなく、実際に行くならどうしようかと小さな行動に移すことが旅の実現にもつながっていくのです。

冬になったら一関に詳しいタビマスターズを探して旅に出てみよう。